【スマホ(スマートフォン)買取】携帯買取まとめ!最高額・スピード査定

残債が残っているスマホは買取してもらえる? - 【スマホ(スマートフォン)買取】携帯買取まとめ!最高額・スピード査定

残債が残っているスマホは買取してもらえる?

最近のスマホや携帯端末は、割賦販売で売られています。
携帯電話会社は、最低でも2年間は自社のサービスを使用してほしいため、2年もしくは3年かけて端末代金を支払うようにしてもらいます。
もしも2年以内に解約する可能性が考えられる場合は、端末代金を購入時に一括で支払うことができます。

しかしながら、スマートフォンの場合は割引が受けられなくなってしまうのです。
スマホの端末代金は、3万円以上かかる機種がほとんどで、しかも月々の利用料金が8000円前後かかります。
購入して維持するのに、大きな負担がかかるため、携帯電話会社は指定プラン加入者に対して、毎月一定金額を利用料金から割り引いてくれるのです。
そしてそれは2年間その端末を使用することが、大前提となっており、万が一期間を満了しなかった場合は違約金を支払わなくてはいけないのです。
それでは損をしてしまうため、多くの方が最低でも2年間は同じスマートフォン端末を使います。

それでも、事情により2年以内に新しい機種に変更することになったら、どうすればよいのでしょうか。
今まで使っている端末は不用ですが、残債が残っています。
買取に出したいと思っても、残債が残っているスマホを買い取ってもらうことができるのでしょうか。
まずは買い取ってくれるお店に、聞いてみることをおすすめします。
お店によっては、端末代金の支払いが残っている機種でも買い取ってくれるところがあるからです。
ただし、店舗によってはそのような機種は買い取ってもらえないかもしれませんので、注意が必要です。

通常は、新しい端末ほど、査定金額も高くなる傾向があります。
それなので通常であれば、高く買い取ってもらえるはずなのですが、支払金が残っているとその分買い取ってもらう価格から引かれてしまうことになります。
そのため、せっかく買い取ってもらったとしても満足いく金額を提示してもらうことは難しいと思われます。
買い取ってもらう事自体は無理ではありませんが、支払代金が残っていないスマホのほうが高く売れます。

top